サイドメニュー

最新ブログ・ニュース

長崎五島ごと 公式サイト | 五島の魅力を知る
18304
page,page-id-18304,page-template,page-template-full_width,page-template-full_width-php,ajax_fade,page_not_loaded,,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.3,vc_responsive
 

五島の魅力を知る

穏やかな時間の流れるアイランド、五島列島

長崎県西部に浮かぶおよそ150の島々からなる五島。夏は涼しく冬は暖かで最高低気温の幅が狭く、南国でありながらもきちんと四季折々の風情を楽しめる。冬には綺麗な雪が降ることも。様々な歴史と文化・自然に育まれた豊かな食材が豊富なこの島は、毎年たくさんの観光客が訪れています。
  • 大瀬崎

  • 福江城

  • 鬼岳天文台

  • 福江カトリック教会

  • 聖ヨハネ五島殉教像

  • 武家屋敷跡

  • 堂崎天主堂

  • 福江港

福江島 – ふくえじま

経済・交通の中心となる五島列島最大の島です。鬼岳が見守る福江はかつて城下町として栄え、石田城跡などの史跡が見所です。空港もありますよ。

久賀島 – ひさかじま

美しい海岸線が延びる島は、ヤブツバキが繁茂する豊かな自然がとても魅力です。激しいキリシタン弾圧の歴史を持ち、巡礼者が訪れる島です。

奈留島 – なるしま

五島列島の中心に浮かび、深く切れ込んだ入江が連なる景観が印象的な島です。世界遺産候補の江上天主堂が注目されています。

若松島 – わかまつじま

中通島と若松大橋でつながった漁業の島です。潜伏キリシタン所縁の地として知られ、キリシタン洞窟など関連史跡が残っています。

中通島 – なかどおりじま

新上五島町に属し、上五島と呼ばれることも多い島です。複雑に入り組んだ海岸線が続く島内には、美しい教会がいくつも残っています。

小値賀島 – おぢかじま

起伏の少ない平坦な地形に恵まれ、古くから人々が住んでいた歴史ある島です。古民家ステイなど新しい旅のスタイルで注目されています。

宇久島 – うくじま

佐世保市に属しますが、地理的には五島列島の最北端に位置します。かつては交易の要所として栄え、多くの史跡が残っています。

map
五島列島を支える6つの産業
穏やかな気候と豊かな自然の恵みが育んだスペシャリテ。
  • 農業

    温暖な気候で野菜や米を栽培
    温暖な気候から、私たちの生産している「ごと芋」はもちろん、中玉トマトやブロッコリーなどの野菜をはじめ、メロンやマンゴーといった果物も栽培されています。久賀島では棚田で稲作も盛んです。

  • 漁業

    全国トップクラスの海の幸
    対馬海流の恩恵を受け、四季折々の海産物を楽しめる五島。アジ、サバ、ブリ、イカ、カツオの漁獲量が多く、最近ではクロマグロの養殖にも力を入れております。

  • 畜産業

    高級ブランド「五島牛」
    日本で最も古い牛のひとつといわれるのが五島市の五島牛です。潮風を浴びた草を食べているため肉質が柔らかく、味と香りが強いといわれる高級牛なのです。

  • 酒造業

    島の芋や麦で造る焼酎
    栄養価の高い芋や麦が生産される五島。福江島の五島列島酒造と中通島の五島灘酒造では、島の農産物、水、人にこだわった焼酎造りが行われています。

  • 製造業

    安全・安心の加工食品
    私達長崎五島ごとではごと芋や五島の食材を使った無添加の加工食品を多数生産しています。五島の郷土菓子に代表される「かんころ餅」など、私達をはじめたくさんの製造業者が丹念に造っています。

  • 観光業

    歴史と文化、レジャー溢れる五島
    ダイビングやカヤックなどのマリンスポーツをはじめ、キャンプなどのレジャーも盛んな五島。現在は五島の歴史が認知され、世界遺産推薦地となった教会群の巡礼ツアーが人気を集めています。

五島のキリシタンの歴史
50以上の教会が点在する祈りの島

五島列島には50以上の教会があります。
荘厳な教会はそれぞれに個性的な表情を持ち、見るだけでも心に響くものがあります。
是非五島のキリスト教徒が歩んだ歴史にも触れてみてください。
五島列島には神道や仏教徒として生活しながら、キリスト教の信仰を守り続けた潜伏キリシタンが約250年もの長い間たくさんいました。
そのことから現在においても五島の人々の手により教会は大切に管理され、忘れてはならない五島の歴史は語り続けられているのです。
現在では世界遺産候補となった様々な教会に赴き、歴史の声に耳を傾けてみてはいかがでしょう。
きっと、また違った角度から五島の魅力に出会えるはずです。

堂崎天主堂(五島・福江)
五島の島グルメ
伝統文化に育まれた郷土料理の数々
  • 石焼ごと芋

    私達自慢の石焼き芋「石焼ごと芋」。五島でしか栽培されることのない特別な芋で、五島の太陽の恵み、温暖な気候、きめ細やかな土壌、透き通った水、大海の潮風に育まれ、長崎五島 ごと独自の製法により平均糖度34.35度を誇る黄金色に輝く奇跡のやき芋となっております。

  • 五島うどん

    日本3大うどんに数えられる「五島うどん」。麺線の「細さ」と細さに負けない強いコシ、そしてのどごしの良さが際立ちます。アゴダシからとっためんつゆで上品な美味しさが口の中でさらっと広がります。

  • 五島牛ステーキ

    五島の誇る高級ブランド牛「五島牛」の柔らかく香ばしいロースステーキ。脂肪分がしつこくなく、深い味わいながらも後味スッキリです。

  • かんころ餅

    スライスしたサツマイモを茹でて干したものを餅と合わせた五島の郷土菓子です。長崎五島ごとでも「ごと芋」をつかったかんころ餅が大人気商品となっております。

  • 活魚のお刺身

    古くから漁業の盛んな五島列島。対馬海流に育まれた五島の四季折々に楽しめる新鮮な海の幸は島の大きな魅力の一つです。一味違う脂ののった旬の海鮮を是非一度ご堪能ください。

  • 五島豚のグリル

    五島牛で有名ですが、「五島豚」も負けていません。豊かな自然の中で育てられた五島豚はクセのないバランスのとれた味わいです。

五島列島をもっと知るためのキーワード

五島列島の人々の誰もが知る、五島列島定番キーワードをまとめました。
  • 教会

    美麗な姿が心に響く
    世界遺産登録が期待される「長崎の教会群とキリスト教関連資産」。14の構成資産のうち4つの教会は五島列島にあります。禁教令が解けるとともに建てられた教会には、激しい弾圧に耐え抜いた信者達の喜びが宿っているのです。

  • 潜伏キリシタン

    神への信仰を守り抜いた人々
    キリシタン禁制下の五島では、多くのキリスト教徒が仏教を信仰していると見せかけ、密かにキリスト教を信仰し続けていました。偽装棄教は禁教令解除まで250年以上継承されたのです。

  • 五島うどん

    1000年以上の歴史を誇る伝統食
    上質な椿油や天然塩を使い、潮風で自然乾燥させた五島うどん。もちもちとした食感と喉越しの良さで毎日食べても飽きません。コシが強く伸びにくいのも大きな魅力です。

  • 古民家

    新たな滞在スタイルが大人気
    古い民家をリノベーションし、風情ある見た目は残しつつ床暖房やヒノキ風呂など快適な施設を整えた小値賀島の古民家が注目されています。暮らすように過ごす休日が評判のようです。

  • 鬼岳

    お椀のような福江島のシンボル
    福江南部に広がる溶岩台地の中央にそびえる鬼岳。大きな火口をもち、遠くから見るとお椀を逆さにしたようなシルエットが印象的です。

  • 城下町

    江戸時代の面影を残す町並み
    江戸時代に五島藩の城下町として栄えた福江島。街の中には石田城跡や溶岩塊の石垣など時代を思わせる風情ある景観が今も尚残っています。特に約400mにわたって続く「武家屋敷通り」の石垣は圧巻です。

  • 五島牛

    豊かな自然で育った幻の黒毛和牛
    広い大地に放牧され、塩分が適度に含まれた牧草で育つ五島牛は、質の良い霜降り和牛として高く評価されています。引き締まった肉は脂肪がしつこくなく、深い旨みが特徴です。

  • 五島灘

    対馬暖流に育まれた海の幸の宝庫
    黒潮から分岐する対馬海流と沿岸流により、極上のうまさ光る魚介類の宝庫と言われている五島灘は、ブリやイサキなどの回遊魚からクエをはじめとした根魚まで種類豊富です。

  • しまとく通貨

    20%もお得な地域限定商品券
    五島列島や壱岐・対馬など長崎の島々で使える商品券です。1セットの価格は5000円ですが、加盟店でなんと6000円分として利用できるのです。