サイドメニュー

最新ブログ・ニュース

長崎五島ごと 公式サイト | 長崎五島 ごとの3つの使命
18876
single,single-post,postid-18876,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.3,vc_responsive

長崎五島 ごとの3つの使命

長崎五島 ごと

長崎五島 ごとの3つの使命

私たちは、絶対に実現しようと
決めていることがあります。
当店「長崎五島 ごと」の3つの使命。


【長崎五島 ごと」は、3つの使命】
1、長崎五島で作った商品を世に広めること
2、長崎五島を全国に知ってもらうこと
3、長崎五島に雇用を生むこと

top

1は、
長崎五島は、豊かな自然の中で育てられた農作物がいっぱいです。
昔からずっと五島を離れず、農業一筋のプロが
長崎五島の自然の良さも悪さも知った上で、逆らわずに自然とともに作っています。
その島人が作る最高のごと芋を、全国の人に食べて知ってもらいたい。

五島列島

2は、
五島と言ったら「どこそれ?」と聞かれることが多いです。
だから五島と言ったら直ぐに
「長崎県」「石焼き芋」「ごと芋」「大自然」と連想できるぐらいに
長崎五島を知ってもらいたい。
一度、訪れたら忘れられない場所になります。
もっといっぱい、多くの人に訪れてほしい。

長崎・五島、とんとまり海水浴場

3は、
多くの島で育った若者たちは高校を卒業すると島を出て行きます。
その後、雇用が少ないといったことで島に戻ってくるのは少数です。
五島が好きだけど働き口がない・・・・・。
それをなくしたい。
大好きな島で生活したいという希望を叶えたい!
それには長く続く、安定した雇用が必要です。
私たちは、その雇用を「ごと芋」で作りたいと考えています。


壮大な夢と思われる方もいらっしゃると思いますが、本気です。
私たちは、「ごと芋」がそう育ってくれることを信じています。

だから、手間のかかる畑仕事や暑くてたまらない工場での焼き芋焼きも
全く苦ではありません。

そのスタッフの中には70歳を超えるおばあちゃんもいます。
毎年、焼き芋を焼く頃に手伝いにきてくださいます。
スタッフの中でも「神の手」と言われる焼き芋師です。

20170228-1

ずっとたちっぱなしの職場で、腰も痛くなるような体勢・・・・・。
しかも寒い冬なのに半袖でごと芋を焼いてくれます。
「全然、疲れないよ」「楽しいよ」
「焼き芋を触っただけで美味しいかどうか分かるのよ」
笑顔いっぱいに話してくれます。

すべて手作業で、少ない人数で、文句を言わず、みんな笑顔。
休む間のなく、テキパキと黙々と働くスタッフを見ると
一緒に働くスタッフを増やしたい、
焼いたお芋を喜んでくれるお客様を増やしたいと思います。


私たちにとって、ごと芋一本一本がとても愛おしい存在です。
その大切な焼き芋が皆さんの手に届き、
笑顔を生み出してくれると信じています。

20170228-2


長崎五島 ごとの焼き芋を食べて
長崎五島に興味を持ってもらい、
「観光に行ってみようかな?」と思ってもらって
一度訪れていただいて
忘れられない「長崎五島」になれば、最高です!

20170228-3